ヘパスIIセカンド

ヘパスII製品画像
  • ヘパスII製品画像

・BCAAなど不足しがちな栄養素をバランスよく配合した高栄養流動食

・EPA・DHA、オリゴ糖、食物繊維、亜鉛と抗酸化ビタミンを配合

・毎日無理なくご使用いただける飲みきりサイズと、お好みにあわせて選べる2種類の風味

半消化態栄養剤

販売メーカー: (株)クリニコ

メーカー製品情報サイト


保管、使用上の注意
  • ●医師・栄養士等のご指導に従って使用してください。
  • ●静脈内等へは絶対に注入しないでください。
  • ●牛乳・大豆由来の成分が含まれています。アレルギーを示す方は使用しないでください。
  • ●水分管理、電解質及び亜鉛・銅等の微量元素の補給量に配慮して使用してください。
  • ●使用開始時は、少量または低濃度(0.5~1kcal/ml前後)とし、腹部症状等に注意しながら使用してください。
  • ●食物繊維を多く含みますので、腹部症状等に注意しながら使用してください。
  • ●容器に漏れ・膨脹等がみられるもの及び容器の破損しているものはお飲みにならないでください。
  • ●白色の浮遊物(脂肪)が認められる場合もありますが、品質には問題ありません。開封前によく振ってからお飲みください。
  • ●開封時に内容物の色・臭い・味に異常があるもの及び固まっているものはお飲みにならないでください。
  • ●加温する場合は、未開封のままポリ袋に入れ、お湯(約60℃)で体温程度を目安に温めてください。長時間または繰り返しの加温は、風味劣化・褐色化・沈澱等の原因となりますので避けてください。
  • ●沈澱・凝固の原因となりますので、本品に果汁等の酸性物質や多量の塩類等を混合しないでください。
  • ●開封後に全量お飲みにならない場合には、直ちに冷蔵庫に保管し、その日のうちにお飲みください。
  • ●室温で保存できますが、おいしさを保つために冷所での保管をおすすめします。なお、冷所に保管した場合、容器がへこむこともありますが、品質には問題ありません。
  • ●直射日光があたる場所や、高温な場所、凍結するような場所で保管しますと、風味劣化等の性状変化が認められる場合があります。
  • ●1日当たり125~250ml(1~2本)を目安にお召し上がりください。
  • ●本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。亜鉛の摂りすぎは、銅の吸収を阻害するおそれがありますので、過剰摂取にならないよう注意してください。1日の摂取目安量を守ってください。乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください。
  • ●本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官により個別審査を受けたものではありません。
静脈内等へは絶対に注入しないでください。賞味期限:製造日より180日

参考資料

・Case report
「C型慢性肝炎例に対するPEG-IFN+RBV併用療法時の分岐鎖アミノ酸含有流動食を利用した栄養管理」PDFfile
倉敷成人病センター 肝臓病治療センター 西 玉枝先生ほか

・Case report
「IFN治療時におけるBCAA含有食品の長期摂取により栄養改善が認められたC型慢性肝炎患者の1症例」PDFfile
増子記念病院 肝臓内科 堀田 直樹先生ほか

・BEQ News No2
「肝硬変患者さんの栄養管理における補助栄養食の利用」PDFfile
せんぽ東京高輪病院 栄養管理室 足立香代子先生

・BEQ News No12
「肝臓病治療における栄養補助食品利用のポイント」PDFfile
増子記念病院 肝臓内科 堀田 直樹先生

・BEQ News No16
「肝発癌抑制を視野に入れた肝硬変の栄養食事療法ガイドライン2011作成-その目的と使い方-」PDFfile
岩手医科大学医学部内科学講座消化器内科分野 教授 鈴木 一幸先生


株式会社クリニコのその他の製品

ヘパスII

ヘパスII
病態別栄養剤
肝不全用

レナジーbit

レナジーbit
病態別栄養剤
腎不全用

レナジーU

レナジーU
病態別栄養剤
腎不全用


株式会社クリニコの製品一覧

関連製品一覧リンク

病態別栄養剤一覧

・肝不全用  ・腎不全用  ・糖尿病用

関連レクチャーリンク

3.1 病態別経腸栄養剤とは?  福井県立病院内科 栗山とよ子

3.2 肝不全用栄養剤  獨協医科大学越谷病院消化器内科 鈴木壱知

3.3 腎不全用栄養剤  武蔵野赤十字病院腎臓内科 安藤亮一

3.4 糖尿病用栄養剤  和洋女子大学家政学部 櫻井洋一

3.5 呼吸不全用栄養剤  国立国際医療研究センター手術部麻酔科 河内正治

3.6 オンコロジー用栄養剤  千葉県がんセンター消化器外科 鍋谷圭宏

3.7 免疫賦活栄養剤、免疫調節栄養剤  上尾中央総合病院 大村健二