飛田洋さん

なにくそ!俺はここにいる182

京都府 飛田洋さん(74歳)

飛田洋さんは、平成10年11月に脳梗塞を発症しました。

完全四肢麻痺、構音障害、嚥下障害を認め、入院中に胃ろう造設術、気管切開術が施行されました。平成12年6月に在宅へ移行され、かすかに動くようになった指先でパソコンを操り、創作活動を続けています。

毎日書きためたものは、月刊誌としてまとめられ、製本されています。

■ハンサ・無責任/二行きめる個人の見解

《閑話休題》 平成30年4月1日(日曜日)


 岡野医院の院長、岡野均先生にはペグ装着以来、お世話に
なってから18年になる。当時も開業医だったか定かでない。

 

 自宅療養するにあたり、それまで父の代から家族ぐるみお世話に
なっていたT医院の若先生に引き続きお願いしたところ、老先生が
断りに来られたそうで退院が遅れたみたいだった。

 それまで度々見舞いに二人で来られ病状も聴いておられたはず
なのに、手に負えないと判断されたか、自信のなさか断られた。

 

 幸せなことに同区内に岡野先生が住んでおられて引き受けて貰
う事になったそうだ。診察時間の休憩中に毎週欠かさず往診して
戴いている。忘れてしまっているが、随分長い期間ペグ交換を自
宅ベッド(ペグと同期生)で、お願いし交換中恐怖心から逃げる様
に私はTVに夢中になっていた。

 

 それだけ韓ドラばかり見てたら韓国語わかるでしょと岡野先生に
指摘され、字幕読んでますと答えたものの、学生時代からの家庭
麻雀で使っている中国語を応用すればと岡野先生の忠告に従い
韓国語もと、暇つぶしにひそかに挑戦し続け今では韓ドラの内容
が聞き取れ、わかるようになりました。

 ただ北朝鮮放送を報道をTVで見てもききとれません。

半島の方言、なまりでしょうか?

 岡野先生に皮肉られ簡単な韓国語をマスターしたものの日本
語同様に魅惑の低音で、お聞かせ出来ず残念で御座います。

 

 そこで  《良い歳を引きずりながら 四月バカ》  だってさ

■ ハンサ・無責任者の川柳風《二行詞》


・いつからか知らないままで四月バカ
            踊らされてる今年変わらず

・花だより風のうわさも聞かれない
            こんな部屋こそ春が待たれる

・五輪見て浮かれる日々のテロとデモ
            知らぬが仏なんて言ったな

・我が国はミーハー過ぎるだらしない
            世界良く知り良く見て学べ

・歴史的トランプゲームの成り行きに
            興味しんしん野次馬ひとり

・僕であり私であって我もある
            上手くこなして俺は生きてる

・爪の垢煎じただけじゃ追いつかぬ
            効き目ないのも此の頃おおし

・暴力と汚職のない世があるだろか
            テレビニュースで我そう想う

・愚痴ぼやき耳にタコだが逆らえぬ
            扶養家族の我が身を知れば

・嫌いでも悪口言うな吹き込むな
            旗色読めて我はしらける

・春雷でビニール傘が飛んで舞う
            ニュース見ていて恐怖感じる

・足のうら垢で汚れる筈がない
            ベッド下りれぬままの寝たきり

・熱血と言われる人の声高は
            うるさく聞こえチャンネル替える

≪わろてんか≫

≪監視カメラ≫



世間の風は   冷たいと
泣くな嘆くな  なにくそだ
 口をへの字に  一文字
 暗くなるより  沈むより
ワッハッハと  わろてんか
ワッハッハと  わろてんか


恋する頃は   年頃は
何も無くても  悩むもの
 月の空見て   ひとり見て
 深いため息   つくよりも
ワッハッハと  わろてんか
ワッハッハと  わろてんか


先手を譲り   油断させ
後で相手を   慌てさす
 半ばなんかを  気にかけず
 とどのつまりに お終いに
ワッハッハと  わろてんか
ワッハッハと  わろてんか


『一』
枯木も山の   賑わいと
監視カメラを  睨んでる
 学校帰りか   何処か娘の
 見なれぬ制服  目を奪う
  何だかんだと  暮すうち
  十と八年    日も過ぎた

『二』
額押し付け   閑なのか
監視カメラに  気が付かぬ
 倒れて以来   稼ぎ無く
 浦島太郎で   生きている
  噂通りに    引き篭り
  十と八年    世話やかす

『三』
夕方近くは   黄昏は
監視カメラと  パソコンだ
 買物帰りか   婆さんの
 手押し車が   行き来する
  汗疹背中に   咲かせても
  十と八年    日も過ぎた


≪他にゃいぬ≫

≪参りました≫


『一』
昭和の香り    含ませた
そんな気風の   女性ひとなんだ
 一目ぼれから   一ころで
 そのくせ苦労   させて来た
他にゃいぬから  首ったけ
 夫婦は他人と   言い切れぬ

『二』
昭和の純情    素朴さの
化石みたいな   女性なんだ
 星の数ほど    いる中で
 貴女を於いて   見当たらぬ
他にゃいぬから  首ったけ
 夫婦は算盤    ずくじゃない

『三』
昭和の名残り   漂わす
時代音痴な    女性なんだ
 地味が服着た   味があり
 貴女を於いて   出遭わない
他にゃいぬから  首ったけ
 夫婦は他人で   あるものか


『一』
刺激ないから  書けぬから
 参りましたと  投出すか
普段の何気な  行動を
 交す言葉を   ネタ利用
特にハードル  上げぬのに
 使いたいのが  不足気味

『二』
感度悪くて   読切れず
 参りましたと  投出すか
昔は三流    プロもどき
 少し自信は   あった筈
別に制約    有るでなし
 基本期の字で  出直すか

『三』
何もアイデア  閃めかず
 参りましたと  投出すか
素人組から   生意気が
 聞いた言葉で  批評する
資料字典が   引けたなら
 こんな苦労は  しないのに


主治医より一言

《閑話休題》

18年前は、まだ大学で外来診療をしながらだったと思います。ところで知らない間に日常会話の韓国語をマスターされていたとは、驚きました。医学の進歩で1日も早く魅惑の低音で聞けるのを楽しみにしています。