Q2.旅行に連れて行きたいのですが、どんなことに気をつけて準備したらいいですか?

Q2-1:栄養剤持参ですが、自家用車でいくしかないですか?

A:旅行期間中の全量となるとかなりの重さになりますから、車に積み込んでいければ安心です。

事前に宅急便で宿泊先に送っておくこともできますので、必ずしも自家用車で無ければ旅行ができない、ということはありません。

旅行中に台風などで足止めされることもないとはいえませんから、多めに用意しましょう。

Q2-2:移動中や宿泊先での投与がうまくいくか心配です。

A:旅行中は、半固形化栄養剤がおススメです。

液状の栄養剤は、どこにつるせばよいか、注入容器をどこで洗えばよいかなどの問題がありますが、半固形化栄養剤であれば、つるす必要がありませんし、どこでも(高速道路の片隅でも)、注入できます。

何らかの事情で栄養剤が手元になかったら、急場しのぎとして、コンビニやドラッグストアで、市販の栄養補給ゼリーを代用しても良いと思います。

また、半固形化栄養剤の注入の方法はいろいろありますが、日頃から50ccの太いシリンジでボーラス投与する方法をマスターしておくと、栄養剤の形状が液体でも半固形でも、場所がどこであっても、注入できます。

旅行に行く時は、病歴や処方されている薬の情報、特記すべき体質、かかりつけ医とその連絡先などを書いたものを持っていくと安心です。ホテルに泊まっているときであれば、ホテルの嘱託医や提携病院に連絡をしてもらえるでしょう。

※参考:半固形化栄養剤 製品一覧

Q2-3:若い人たちとはペースが合わないので、夫婦で気兼ねなく出かけたほうがいいでしょうか。

A: 旅行のコツは大人数で行くことです。

お花見

ホテルのチェックインでサインをしている時に、介護の必要な方を一人にしておかなくてもすむし、トイレの介助を同性同士でできるようにするためにも、男女同数でいくととても楽です。

むしろこういう時に、子供や親戚の、日頃から気を使わずにお付き合いをしている友達などを動員しましょう。準備が大変でも、行ってしまえば付き添いの人も楽しいものです。レンタカーを借りてお花見やディズニーランドなど、小さなお子さんも一緒にいけたら、みんなが楽しいと思います。

コラム:旅はリハビリ!!

胃瘻栄養の方は、車いすで移動しなくてはいけない方も多いですが、車椅子で、どんどん外に出かけましょう。

最近では、車椅子の方を対象としたツアーを扱っている旅行会社もありますから「車いす 旅行」とインターネットで検索してみて下さい。「バリアフリー旅行」、「介護旅行」、「車椅子の旅」といったキーワードをたくさん見ることができます。インターネットが苦手の方は、観光会社の窓口で“車いす旅行”と言えば、そういうプランや、企画している旅行会社を紹介してくれると思います。

「元気になったら旅行にでも」では無く、外出や旅行こそ、元気になるためのリハビリなのです。せっかく胃瘻を造ったのですから、外出して身体を動かしましょう。口や喉のリハビリだけではなく、身体を使うことで全身状態が改善され、また口から食べられるようになるかもしれません。胃瘻で出掛けることが胃瘻から離脱することの第一歩。旅はリハビリ!なのです。

初めての旅が心配であれば、ツアーの団体旅行に参加するのも良いですし、日帰りで短時間から慣らしていったり、万が一のときにも対応しやすい都心のホテルで試してみたりしてもいいですね。

バリアフリーの宿特集

<まとめ>

  • 旅に出る前に、半固形化栄養剤のシリンジ投与法をマスターしておきましょう。
  • 旅先でのマンツーマンは、不便で不安。気心の知れた家族・親戚・友人などを動員して、大人数でみんなで楽しい旅を!

<参考>車椅子での旅行を考えている方に

▲ページの最初へ戻る

あなたは医療関係者ですか?
この先のサイトで提供している情報は、医療関係者を対象としています。
一般の方や患者さんへの情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承下さい。
いいえ
はい