Q4.食べられないので 親戚の集まりに顔を出しにくいといわれたのですが…。

Q4-1:孫達から「ファミリーレストランに行こう」と誘われています。ほとんど胃瘻からの栄養で、少ししか食べられないので困っています。

A:少量でも食べられるのであれば、ファミリーレストランへも出掛けていきましょう。

また、口から食べられなくても、おじいちゃん・おばあちゃんが孫達におごってあげられる事は喜びであり、おごってもらえる孫達も自然とおじいちゃん・おばあちゃんと出掛けることを楽しみにするようになります。

楽しむために行くのですから、必要カロリーをそこでとれなくても構いません。むしろ、出掛ける前に自宅で栄養を摂り、デザートをひと口でも食べられたら上出来、くらいの気持ちで良いと思います。残ってしまっても、お孫さん達が喜んで食べてくれるでしょう。

Q4-2:外食の場合、どんなものを頼んだらいいでしょうか?

A:ファミリーレストランの良いところは、メニューがすべて写真で載っていることです。

ペースト状やゼリー状のもの等、スプーンで掬って食べられるメニューもたくさんあります。シチュー仕立てのものなども、具をスプーンでつぶしながら食べられます。中華のメニューであれば、とろみのついたあんかけ類が食べやすいでしょう。

写真4 例えば、ハンバーグ、クリームコロッケ、茶碗蒸し、シチュー、ポタージュ、グラタン、ドリア…など
例えば、ハンバーグ・クリームコロッケ・茶碗蒸し・シチュー・ポタージュ・グラタン・ドリア…など。

<まとめ>

  • せっかく造った胃瘻ですから、楽しまなくては損。胃瘻のメリットを、最大限に活かして楽しい予定を立てましょう。
    「胃瘻が必要な患者さん」である前に、「おじいちゃんはおじいちゃん」、「おばあちゃんはおばあちゃん」なのですから、孫達にご馳走してあげるつもりで、外食も楽しみましょう。
  • いつもマンツーマンで食事介助をしているご家族にとっても、大勢でわいわいと食事をする楽しさは、リフレッシュの良い機会になるでしょう。

▲ページの最初へ戻る

あなたは医療関係者ですか?
この先のサイトで提供している情報は、医療関係者を対象としています。
一般の方や患者さんへの情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承下さい。
いいえ
はい