Q4.嚥下の評価・訓練をしてくれる病院や訪問診療をして下さる歯科医は、どうやって探せばいいのですか?

A:PDNのホームページに掲載されているリストも参考になりますが、パソコン操作が苦手という方は、身近なネットワークを通じた探し方も、知っておきたいところです。

まず、訪問看護師やケアマネジャー、行政機関や保健所に聞くという手もあります。ただし、その情報量は残念ながら格差があるのが現状です。

歯科医師会も取り組みの格差がありますが、一部の歯科医師会では、嚥下相談医とか口腔機能支援医といった歯科医師をホームページで紹介しています。神奈川県や福岡県の歯科医師会は、ホームページを見れば、嚥下評価口腔機能の相談をしてくれる歯科医を見つけることができます。

在宅訪問で摂食嚥下機能についても、相談できる歯科医を含む栄養サポートチームが、どの地域にもできるとよいですね。

コラム:神奈川摂食・嚥下リハ研究会の取り組み

神奈川摂食・嚥下リハ研究会は2008年3月に設立されました。研究会の目的は、神奈川県域内での嚥下リハの実施施設開拓、嚥下リハ研究の進歩・実践の発展に貢献し質を向上、研修会の開催・研究発表・実務研修など教育的支援、会員相互の情報交換を充実しネットワークを拡充、関係者・一般市民への啓蒙活動および情報提供、神奈川PDN(ペグドクターズネットワーク)などと連携、の6つです。世話人は2015年7月時点で119人です。

特徴として、神奈川県を8つの支部に分けたうえで、各支部で年1回は摂食・嚥下リハの研修会を開催することで、県全体での摂食・嚥下リハの質向上を目指しています。また、顔の見える関係作りを重視しており、年2回の県全体の研究会の後には原則として懇親会を行っています。

研究会のアウトプットとして、NST嚥下連絡票と神奈川県内の嚥下相談窓口を作成し、いずれも当研究会のホームページに掲載しています。

参考

(注:これらすべてが嚥下の評価・訓練をしてくれる病院の参考になるわけではありません)

▲ページの最初へ戻る

あなたは医療関係者ですか?
この先のサイトで提供している情報は、医療関係者を対象としています。
一般の方や患者さんへの情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承下さい。
いいえ
はい